効率の良いチューバ練習法をあなたのモノに

【重要】効率・思考・音量・音色・音の響きをここから一気にレベルアップ!練習効率の限界を打ち破るチューバ練習法を無料公開中!詳細はこちらをクリック

【チューバ奏者の悩み解決】3分で出来る、簡単に肺活量を上げる練習法

 
  2017/12/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分の悩んだ経験・実践してきた練習法・考え方を通して、悩める学生のチューバ奏者を吹奏楽とチューバが楽しめるようにサポートする『チューバ奏者サポーター』|「効率」「思考」「音量」「音色」「音の響き」を鍛えるノウハウを現在提供中。 ※プロの方や全国大会出身者ではなく、初心者の方と本気で練習に悩んでいる方専門でサポートをしている。
詳しいプロフィールはこちら

んにちは!
チューバ奏者サポーターのユウです!

 

あなたは
息をしっかり吸って吐いて、
演奏できていますか?

 

おそらく、多くの方が

 

・息をたくさん吸えない
・吐き出せる息の量が少ない
・自分は小柄だからダメなんだ

 

と悩んでいるのではないでしょうか。

 

今日の記事を読んで、
実践していただくと

 

簡単に肺活量が増えていき、
音量、音色、音の響きが
格段に良くなっていきます。

 

すると、
楽器に送り込まれる
息の量が増えるため、

 

今までよりも音量の変化を
つけやすくなり、

 

音色は温かみを増し、
音には響きが付き、

 

落ち着いた支えのある音を
出せるようになっていきます。

 

今日の内容を知らないと、、、、

 

息がたくさん吸えなくて、
音量が上がらない

 

音に響きがなく、
遠くに音が飛ばない

 

と悩むことになります。

 

すると、
周りの楽器の音量に
負けてしまい、

 

お客さんや周りに
低音が聴こえず、

 

高音、中音、
低音のバランスが
崩れてしまいます。

 

つまり、
下から支えるという
チューバの役目を果たせなくなり、

 

バンド全体の演奏の質が
下がってしまいます。

 

そうならないために
今日の記事を読んで
実践していきましょう!

 

さて、今日は

 

簡単に肺活量を上げる練習法

 

についてお話しします。

 

練習の手順は次の4つです。

 

①リラックスする。

 

②口の右端と左端から
息を吸うことを意識し、
ゆっくり吸う。

 

③限界だと思うところまで吸い、
その息をためたまま、
もう一回吸う。

 

④息を吐き切る。

 

③の段階で、限界まで
吸っているにもかかわらず、
もう一回吸うことで、

 

今の自分の限界を超えた
息の量を吸うことが
出来るようになります。

 

すると、
肺に上手く負担を
かけることが出来るので

 

肺活量が必ず上がります。

 

この吸い方は
楽器を吹く時にも使います。

 

楽器の中の空気を
吸わないことを意識し、

 

口の右端と左端から
周りの空気を
吸うようにしてください。

 

楽器の中の空気を吸うことは
身体に良くないことが多く、
吸う時の音が響いてしまうため、

 

周りの雰囲気を壊してしまう
ことにもつながります。

 

なので、
楽器の中ではなく、
外の空気を吸いましょう。

 

ぜひこの練習も
取り入れてみてください。

 

今すぐ、
息を吸ってみましょう!

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

チューバ奏者サポーター@ユウより

 

この記事を書いている人 - WRITER -
自分の悩んだ経験・実践してきた練習法・考え方を通して、悩める学生のチューバ奏者を吹奏楽とチューバが楽しめるようにサポートする『チューバ奏者サポーター』|「効率」「思考」「音量」「音色」「音の響き」を鍛えるノウハウを現在提供中。 ※プロの方や全国大会出身者ではなく、初心者の方と本気で練習に悩んでいる方専門でサポートをしている。
詳しいプロフィールはこちら

【無料電子書籍+無料メールマガジン】
初心者の方と練習で悩んでいる方限定
※プロの方や全国大会に出たことがある方は
対象外です。

 

練習効率の限界を打ち破る
無料チューバ練習教材『Melodia Felice』

 

全ページ150ページで、
練習効率の限界を打ち破るチューバ練習法
まとめたスマホとPCで読める無料電子書籍と

 

無料メールマガジンで、ここでは言えない
上達に必須の思考をお伝えしています。

 

SPONSORED LINK







SPONSORED LINK







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です