効率の良いチューバ練習法をあなたのモノに

【重要】効率・思考・音量・音色・音の響きをここから一気にレベルアップ!練習効率の限界を打ち破るチューバ練習法を無料公開中!詳細はこちらをクリック

【重要】音を外さないためにするべきこととは?

 
  2017/12/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分の悩んだ経験・実践してきた練習法・考え方を通して、悩める学生のチューバ奏者を吹奏楽とチューバが楽しめるようにサポートする『チューバ奏者サポーター』|「効率」「思考」「音量」「音色」「音の響き」を鍛えるノウハウを現在提供中。 ※プロの方や全国大会出身者ではなく、初心者の方と本気で練習に悩んでいる方専門でサポートをしている。
詳しいプロフィールはこちら

んにちは!
チューバ奏者サポーターのユウです!

 

あなたは、
高音や低音を外さず、

 

綺麗な音、
しっかりとした芯のある音で
曲を吹くことが出来ますか?

 

おそらく、
ハイB♭のような高音、
低いFのような低音で

 

苦戦している人も
多いと思います。

 

今日の記事を読んで
実践していただくと、

 

あなたは、
すべての音を外さなくなります。

 

また、音ごとに息のコントロールが
できるようになり、

 

身体に力を入れて
無理やり出していた音が
楽に出せるようになります。

 

今日の内容を知らないと、、、、

 

唇に柔軟性がなく、
音を1オクターブ跳躍させる時や
吹いている音を急に違う音に変える時に

 

対応できません。

 

また、ある音から下の音に下がる時に
タイミングよく下がれず、
1テンポ遅れたり、

 

低音から高音には上がれても、
高音から低音にすぐ下がれない

 

など、
演奏をする上で、支障が出てきます。

 

最悪の場合

 

「このフレーズは、
すごくカッコイイのに
全く吹けない」

 

「ソロの部分で音を外す」
「テンポに乗り遅れる」など

 

あなたは後悔の連続です。

 

そうならないために
今日の記事を読んで、
実践していきましょう!

 

では、今日は、

 

リップスラー

 

という練習法
についてお話しします。

 

金管楽器は、
息と口(アンブシュア)のコントロールで
同じ指使いのまま音程の違う音(倍音)を
出すことができます。

 

リップスラーは、
その倍音のパターンを決めて

 

タンギングをせず、
スラーで吹く練習です。

 

下の画像では、
リップスラーをするための
譜面を載せています。

 

o0800045013469826918

 

リップスラーをすることで
唇やその周りの筋肉の柔軟性を
鍛えることが出来ます。

 

しかし、音を変えることに執着しすぎて
唇に余計な力を入れて吹いてしまう人が
沢山います。

 

すると、音は吹けるけど
近くで音が留まっていて

 

響かない、音が遠くに飛ばない

 

と悩むことになります。

 

なので、この練習では、
唇の動きを最小限にし、

 

息の流れ、スピード、そして音色に
重点を置いて吹いていきましょう。

 

この練習法を実践することで
曲練習も楽になっていきます。

 

また、
音ごとに唇の感覚や息の流れを
意識できるようになるので

 

音がテンポ通りに出るようになったり
綺麗な音で出るようになります。

 

今すぐ、
上の譜面を見て、実践してみましょう!

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

チューバ奏者サポーター@ユウより

この記事を書いている人 - WRITER -
自分の悩んだ経験・実践してきた練習法・考え方を通して、悩める学生のチューバ奏者を吹奏楽とチューバが楽しめるようにサポートする『チューバ奏者サポーター』|「効率」「思考」「音量」「音色」「音の響き」を鍛えるノウハウを現在提供中。 ※プロの方や全国大会出身者ではなく、初心者の方と本気で練習に悩んでいる方専門でサポートをしている。
詳しいプロフィールはこちら

【無料電子書籍+無料メールマガジン】
初心者の方と練習で悩んでいる方限定
※プロの方や全国大会に出たことがある方は
対象外です。

 

練習効率の限界を打ち破る
無料チューバ練習教材『Melodia Felice』

 

全ページ150ページで、
練習効率の限界を打ち破るチューバ練習法
まとめたスマホとPCで読める無料電子書籍と

 

無料メールマガジンで、ここでは言えない
上達に必須の思考をお伝えしています。

 

SPONSORED LINK







SPONSORED LINK







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です