効率の良いチューバ練習法をあなたのモノに

【重要】効率・思考・音量・音色・音の響きをここから一気にレベルアップ!練習効率の限界を打ち破るチューバ練習法を無料公開中!詳細はこちらをクリック

先日献血してきました!

 
  2017/09/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分の悩んだ経験・実践してきた練習法・考え方を通して、悩める学生のチューバ奏者を吹奏楽とチューバが楽しめるようにサポートする『チューバ奏者サポーター』|「効率」「思考」「音量」「音色」「音の響き」を鍛えるノウハウを現在提供中。 ※プロの方や全国大会出身者ではなく、初心者の方と本気で練習に悩んでいる方専門でサポートをしている。
詳しいプロフィールはこちら

んにちは!
チューバ奏者サポーターのユウです!

 

練習の調子はいかがですか?

 

今日は私の日常的なお話です。

 

私は先日久しぶりに大阪の梅田駅近くで
献血をしてきました。

 

私自身、小さい頃はかなり身体が弱くて
扁桃腺が腫れやすくてよく学校を
休んでいました。

 

入院することも多くて点滴も
よく打っていたことを
今でも思い出しますね!

 

そのせいか血を見るのはかなり苦手で
献血で抜かれている血を見るのは
ちょっとしんどかったです。

 

その日は400㎖取りました。

 

国内では病気やけがの治療のために
輸血を必要とする方が年間で
約100万人いらっしゃるそうです。

 

血液製剤は人工的に作ることができなくて、
長期間保存することもできません。

 

血小板製剤の有効期限は最も短く、
採血後4日間しかもたないそうです。

 

また秋や冬の寒い時期は体調が悪くなったり
外出をしない方が多くなるので、
献血者が一時的に減少する傾向にあるようです。

 

なので、血液は毎日必要とされています。

 

こう考えると献血って結構
重要な役割を担っているんだなあ
と思います。

 

あなたは献血ってしますか?
相手は見えませんが、人のために

 

何かをするってホントに
気持ちが良いですよね。

 

人に何か良いことをすることで
自分にも良いものが帰ってくる

 

それを最近私は実感しています。

 

なので、ぜひあなたも
小さなことで良いので
人のためにたまには私利私欲を考えず、
何かをしていただきたいと思います。

 

きっとその優しい行動が
あなたにとってとっても良いことを
引き寄せてくれると思いますよ!

 

ぜひ今日1日人のために良いことを
1つしてみましょう!

 

その行動が必ずあなたの音楽を変え、
そして人生も変えていくことになります。

 

頑張っていきましょう!

 

それでは最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

チューバ奏者サポーター@ユウより

この記事を書いている人 - WRITER -
自分の悩んだ経験・実践してきた練習法・考え方を通して、悩める学生のチューバ奏者を吹奏楽とチューバが楽しめるようにサポートする『チューバ奏者サポーター』|「効率」「思考」「音量」「音色」「音の響き」を鍛えるノウハウを現在提供中。 ※プロの方や全国大会出身者ではなく、初心者の方と本気で練習に悩んでいる方専門でサポートをしている。
詳しいプロフィールはこちら

【無料電子書籍+無料メールマガジン】
初心者の方と練習で悩んでいる方限定
※プロの方や全国大会に出たことがある方は
対象外です。

 

練習効率の限界を打ち破る
無料チューバ練習教材『Melodia Felice』

 

全ページ150ページで、
練習効率の限界を打ち破るチューバ練習法
まとめたスマホとPCで読める無料電子書籍と

 

無料メールマガジンで、ここでは言えない
上達に必須の思考をお伝えしています。

 

SPONSORED LINK







SPONSORED LINK







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です