【練習法をまとめた無料電子書籍をプレゼント】

『Melodia Felice』メロディーア・フェリーチェ

初心者の方と本気で練習に悩んでいる方限定の無料教材

 

 

 

【期間限定配布】全150ページに渡るチューバ練習法

 

 

音量・音色・音の響き・思考力・表現力を飛躍的に

向上させる方法をお伝えする無料メール講座付き

スマートフォン・PCで読めます。

 

 

 

 

プレゼントを受け取るメールアドレスをご入力ください。

3分以内に無料で読むことができます。

 

 

 

今回の内容は初心者の方、

本気で練習に悩んでいる学生の方が対象なので、

興味本位だけで受け取るのは止めてください。

 

 

プロの方や全国大会に出たことがある方は対象外です。

申し訳ありませんが、本気で悩んでいる方を

優先したいので受け取らないでください。

 

 

大変恐縮ではございますが、よろしくお願いいたします。
そして、中には上手くなるための少し刺激的な情報もありますので、
覚悟のある方だけ受け取ってください。

 

 

 

 

※紫色のボタンを押して、必要事項をご入力ください。自動返信メールで今回の無料電子書籍をお送りします。

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

※特典の無料メール講座が不要な場合は、いつでもメール内のURLから解除することができます。

 

 

こんなに頑張っているのに

なかなか上達できない

 

 

こんにちは、チューバ奏者サポーターのユウです。

 

 

この度は、私のページをご覧いただきまして、

誠にありがとうございます。

 

 

私は現在、ブログやメールマガジン、SNS、
独自のコンテンツを通して、オンラインを中心に
チューバに関する練習法や思考法を発信して、

 

 

プロの方や全国大会出身者の方以外の初心者の方、
練習で悩んでいる方専門で、チューバや吹奏楽を

楽しめるようにサポートしています。

 

 

公式メールマガジンは累計700名以上もの方が
読んでくださっています。

 

 

私自身が悩み、成長してきた過程、
アドバイスをしてきた経験から

 

 

『練習方法がわからない』『音量が上がらない』
『音色が悪い』『音に響きがない』
『曲を上手く表現できない』『自信がない』

 

 

などの悩みを抱えている方のために活動しています。

 

 

『チューバ奏者サポーター』とは何なのかというと、

練習で悩んでいるチューバ奏者の方を

サポートする活動をしているということです。

 

 

私も悩んだ経験があるので、練習で悩んでいる方の

支えになりたいと思い、活動しています。

 

 

あなたは練習で悩んでいませんか?

 

 

『こんなに頑張っているのに、なかなか上達できない』

そう悩んでいる方がどれほど多くいるのでしょうか。

 

 

・本気で今よりチューバが上手くなりたい
・どんな練習をすればいいか分からない
・周りから注意をされ過ぎて辛い
・自分にはセンスがないから、もう上達するなんて無理だ
・何を信じていいのか分からない。

 

 

そんな悩みを抱えているあなたに

読んでいただきたいものがあります。

 

 

今回は、私の過去のお話を交えながら、なかなか上達できない

原因をお話ししていきますので、まずは3分間だけ読み進めてみてください。

 

 

私は落ちこぼれの奏者でした。

 

 

私は、いまでこそ運よく練習法と思考法を学び、

悩んでいる方をサポートする活動ができていますが、

最初からうまくいっていたわけではありません。

 

 

むしろ、上達することから程遠い、

典型的な失敗ルートを走っていました。

 

 

なぜなら、私は初心者の頃、何の考えもなく、

ひたすら練習をしていたからです。

 

 

その結果、高校から吹奏楽を始めたが、

当時の顧問の先生は声楽専門のため、頼れない。

自分は何の取り柄もない、そんな気がして自信も持てない。

 

 

私は、間違いなく周りから『下手』と思われていました。

そして、吹奏楽部員53名中48番目ほどの実力で一度上達が止まってしまったのです。

自分の実力に嫌気が差して、「消えたい、死にたい」と思うほど落ち込んでいきました。

 

 

周りは小学校、中学校から吹奏楽をしていて、ピアノの経験もある。

 

 

経験者の友人でさえ、辛くて辞めていく。

その結果、同学年では最初の頃、5人もいたはずなのに

いつの間にか男子が自分1人に。

 

 

私にとっては、気軽に話せる人が減っていく感じがして、

とてもつらい経験でした。

 

 

音符が並んでいても、どんな音なのか、 イメージができない。

教則本やネットから練習法や演奏のコツを探しても

自分にとっての正解が分からない。

 

 

こんな環境の中でどんどん追い詰められていったのです。

初心者の私が上手くいくはずもありませんでした。

 

 

「初心者だから仕方ないよ。今回、ここは吹きマネでいこう」

 

 

と、内心、「ミスされても困るし」と思っている雰囲気で

言われることもたくさんありました。

 

 

吹けない悔しさとバカにされたような悔しさ、

周りに迷惑をかけているという辛さが私を押し潰そうとしてきたのです。

 

 

「なんで自分にばかり注意するん?」

「なんで自分はこんなに下手で、周りに迷惑をかけ続けているんだろ。」

 

 

結局、自分は何もできないんだ。

そう思っていました。

 

 

「辞めたい。でも辞めたら負けだ。もし辞めたら逃げる癖がついて  

全てのことから逃げるようになってしまう。」

 

 

「このまま行けば引退まで、いや卒業まで下手だと思われ続けることになる。

辞めたらそれはそれで、逃げたやつだという目で、すれ違う度に見られるはず。」

 

 

「あいつは辞めたやつだと言われ、 諦めて辞めていった人と同じになってしまう。」

「辞めるなんてかっこ悪い。でも、あんなに憧れて始めたのに吹奏楽ってこんなに辛いものなのかよ。」

 

 

そう心の中で思い続けながら自分の意志と葛藤して

毎日を過ごしていました。 私はずっとダメ人間だったのです。

それでも悪魔のように練習日は私の前にやってきます。

 

 

笑顔で練習をしている周りが羨ましくて、 余計に自分が惨めになる。

 

 

本当はもっとチューバも吹奏楽も楽しんで 「すごいな」って言われてみたい。

心の底ではそう思っていたけれど、

 

 

現実の私は高校から吹奏楽を始めた、吹奏楽部内、最底辺の落ちこぼれ。

吹奏楽部に入っても、吹奏楽経験ゼロで初心者だという理由で惨めな思いをする。

 

 

どんなに休憩時間を使っても 遅くまで一人で残って練習をしても

なかなか思うようにいかなくて楽器のせいにしたり、自分を追い詰めていく。

 

 

周りのできる同級生が羨ましくて 自分は何もできないんだと

ボーっと音楽室の外を眺める毎日。

 

 

他の楽器の先輩から強く「練習してる?」 と言われる度に

「できないくせに、下手なくせに何をしてるんだ」と

言われている気がして、注意をされる度に自分自身が情けなくなって

 

 

練習時間が終わると同級生の顔も先生の顔も

先輩の顔も、後輩の顔も見たくなくなって逃げ出すように音楽室を去っていく。

 

 

練習もまともにできず、楽譜も読めず、 リズムも分からず、

合奏の時は注意の意味すら分からないこともありました。

無意味な毎日を過ごし、実力の上がらない自分がずっといたのです。

 

 

そのまま自分の存在を消してしまいたいほど

周りからは白い目で見られ、何の取り柄もなく ただの下手くそで迷惑をかける最低男。

私は典型的な落ちこぼれ、ダメ人間でした。

 

 

ただただ時間だけが過ぎていき、 気を紛らわすために寄り道をして帰り、

家族に心配されないように 「今日も楽しかったよ」と嘘をつく。

 

 

そんな、落ちこぼれを通り越して、きっと、いらない存在、

辞めさせられても、おかしくない奏者だったのです。

 

 

私が変われたのは優れた練習法、

思考法、指導者、そして環境に

出会うことができたからです。

 

 

出会った方々は某有名オーケストラで活躍していた方や

コンクールで全国大会に行ったことがある方でした。

 

 

その方たちは、私の悩みを的中させ、解決策

お話ししてくださいました。

 

 

私は、そのプロの方、熟練者の方によってすべての常識を破壊され、

やっている練習と演奏の際に使っている思考を最初から見直したところ、

結果がではじめました。

 

 

そのとき初めて、自分独自で独学のみに頼り、やってきたことは、

ほぼ全て間違いであり、 上達しない方の典型を走っていることに気付いたのです。

 

 

それこそ、その熟練者の方に出会ってから

次の月に音量が良くなり、次の月には音色が良くなり、

そこからさらに半年で、私は今までで一番良い響きのある音で

曲を表現をできるようになりました。

 

 

上達している感覚に私は嬉しい感情もありましたが、

なんで、こんな簡単なことに気付かなかったんだろう? と、

後悔する気持ちもありました。

 

 

上達するための本質は、至ってシンプルなのです。

 

 

私がプロの方や熟練者の方から学んだことは、

「優れた練習法と思考法を学ぶ」というシンプルな成功法則でした。

 

 

独学でやるよりも、上手くいっている人から素直に学ぶ方が上達は圧倒的に早い。

 

 

この当たり前の事実に気付き、実践したからこそ、

いまは悩んでいる方をサポートために動き、喜んでいただける活動ができています。

 

 

もし、私が練習法と思考法に出会っていなかったら、

いまでも周りから白い目で見られ、辛い思いをしながらも練習をし続ける

モヤモヤとした音楽人生を送っていたことでしょう。

 

 

大げさ抜きで、悩み続けている人は

間違った努力をしてしまっている

 

 

と強く思います。

 

 

練習や実力、自分の気持ちに悩んでいる人は、

間違った思考で練習をしている、あるいは、間違ったことを勉強している、

ということが多いのです。

 

 

なぜ、そう思うのかというと、ひとつひとつの行動に、

根拠や戦略が入っていないと強く感じるからです。

 

 

ただただ楽器を闇雲に吹いてみたり、

手当たり次第に練習法を漁ってみたり、

何も考えずにロングトーンやリップスラーをしてみたり、

 

 

なかなか上達できない方は間違ったことをやってしまっているのです。

 

 

私がいつも思うのは、そこじゃないということです。

 

 

「そこをやっても意味がないよ」

「それだけやっても、なかなか上達できないよ」「そこから良い音は出ないよ」

「それをやってしまうと良い演奏ができないよ」と思うことをやっているのです。

 

 

少し練習法と思考法を学び、上達するための戦略を立てるだけで、

結果は出てくるのにずっと迷い続けて結果にならないことを繰り返してしまっています。

 

 

なかなか上達できず、悩んでいる人を見た時、

「ここをこうすれば良いのに」 と思うことがほとんどです。

 

 

これはどこに向かって練習をしているの? ゴールはどこにあるの?

結局、どんな演奏をして喜んでもらいたいの?

と思うことをしています。

 

 

そして、それに対して本人は大真面目なのです。

行動しても行動しても、なかなか上達できない、チューバと吹奏楽を楽しめない

という非常に悪いスパイラルに陥っているのです。

 

 

こういう方ほど、練習法のみを聞きます。

どういう意識で、どういう思いで練習するのか、思考することも大事なのに。

 

 

脳が身体を動かしている。つまり、すべてにおいて

思考をしないと良い動きや良い演奏はできないのに

 

 

ただロングトーンをすればいい、ただリップスラーをすればいい、ただ曲を吹けばいい、

そんな目先のノウハウを追いかけてしまっています。

 

 

軸となる練習法と思考を兼ね備えた戦略がまったくありません。

練習法と思考法をそれぞれバラバラに見ていて、本当にもったいないなと思います。

 

 

反対に、

 

 

プロの方、熟練者の方、上手な方は

意図して結果を出してい

 

 

私が声を大にしてお伝えしたいことは、 上手な方は、

全員、意図して結果を生み出しているということです。

 

 

つまり、あらかじめ計画し、自分が予想した結果を

しっかり生み出しているということです。

なんとなく挑戦してうまくいったということはまずありません。

 

 

しっかり、この曲は〇〇のように吹きたいから、△△と□□をやる、

という具合に戦略を立てて、 それを実行するから上手なのです。

 

 

私も、戦略を練って、自分を締め付けていた弱い思考を直すために

思考法を中心に学んで変わることができました。

 

 

そのおかげで、音楽以外にも生かせる思考を身につけ、

いまやっていること一つ一つに、 確実な手応えがあるのです。

 

 

効率の良い練習法、吹き方、気持ちよく吹くためのルーティーン、

日々生活をしているときの勉強や仕事の際の思考、

 

 

そのひとつひとつに 「成功に向かっている」という確信を持って取り組んでいます。

そして、その作業は確実に実を結びます。

 

 

どうですか?いまの活動は、確実に成功に向かっていると

明確な根拠を持って言えるでしょうか?

 

 

もし万が一、言えないなら、非常にまずい状態です。

私もそうだったのですが、 戦略のない努力は平気で裏切ります。

 

 

そもそも、成功に向かっていない努力は努力ではなく、

悲しいですが、ただの時間と労力の無駄遣いになってしまいます。

 

 

音楽はただ練習すれば、結果が出るわけではなく、

練習法と思考法が合わさって良いものになるのです。

 

 

スポーツと一緒で、工夫のないトレーニングは無駄になってしまったり、

上達するどころか感覚を失ってしまうことにもなります。

 

 

そのことに気付くまで、私は時間がかかりました。

でも、気付いてしまえば、今よりも上達することは可能です。

圧倒的な成長ができる威力の高いものが練習法と思考法を兼ね備えた戦略なのです。

 

 

私は、

 

 

優れた練習法・思考法・環境に

出会うことができれば誰でも

とてつもない結果を出せる

 

 

と思っています。

 

 

効率良く練習するためにも、チューバを上達させるためにも、

すべてにおいて戦略を立てる必要があります。

 

 

と、なると、色んな方を見ている限り、

戦略を立てている人は1000人に1人もいないです。

だから、戦略を立てれるようになるだけで、

1000人に1人の奏者になることができます。

 

 

実際のところ、成功者と呼ばれる人は、

それくらいの確率になるでしょう。

 

 

もし、いまあなたが全くの初心者だとしても、

この時点で、遅かれ早かれ戦略の重要性に気付けば、

知った瞬間から1000人に1人の確率に入ることができます。

 

 

私も、失敗を繰り返す前に練習法と思考法、戦略に出会えて、

とても運がよかったと思っています。

 

 

1000人に1人は難しいと感じるかもしれませんが、

練習法と思考法を学んだ時点で、1000人に1人に入れます。

 

 

実際、私の周りの人達は、 全員が練習法と思考法を

身につけています。だからこそ、上達し続けることができるのです。

あなたにも練習法と思考法の両方を手に入れる重要性を知っていただきたいと思います。

 

 

私自身が悩み、成長してきた過程と
学んだこと、今まで悩んでいる方に
アドバイスをしてきた経験から
チューバの練習法をまとめました。

 

 

今回は練習法と思考法の重要性を知る一歩として

『特別な無料電子書籍』をプレゼントすることにしました。

 

 

プロの方や全国大会に出たことがある方ではなく、

初心者の方、本気で練習に悩んでいる方を対象に練習法をまとめたものです。

 

高校から吹奏楽を始めて、吹奏楽部員53名中48番目ほどの実力に

悩んでいた落ちこぼれ奏者が自らの演奏で会場を温かく包み込む奏者になれた方法、

 

 

私自身が悩みながらも成長してきた過程・経験と

悩んでいる方へのアドバイスを重ねて体現化した

 

 

音量・音色・音の響き・思考力・表現力を

飛躍的にレベルUPさせる効率の良い練習法、

実践するべき最短・最速上達の意識を完全継承する

 

 

【無料電子書籍】練習効率の限界を打ち破る

チューバ練習教材『Melodia Felice』
無料でプレゼントさせていただきます。

 

 

なぜ、47都道府県の至る所で700名以上もの学生の

チューバ奏者たちが、周りからの『落ちこぼれ』という

辛いレッテルにも負けず、上達を加速させることが

できているのか。その秘密を大公開します。

 

 

【無料電子書籍お受け取り特典】

チューバ奏者サポーター@ユウ

公式無料メールマガジン

 

 

練習法をまとめた無料電子書籍『Melodia Felice』を

受け取っていただいた方には、
私からサポートとしてメールが届きます。

 

 

この無料メールマガジンは、

 

 

音量・音色・音の響き・思考力・

表現力を飛躍的に向上させ、

自分史上最高の実力を持った

奏者になるための方法を伝授する

 

 

ということをテーマにした

無料メール講座になっています。

 

 

無料電子書籍『Melodia Felice』だけでは
書ききれていないことがたくさんあります。

 

電子書籍以上に今からあなたが

飛躍的な上達を遂げるためには、
必要なものがあるんです。

 

それをMelodia Feliceを受け取っていただいた方限定で

公開していきます。もちろん、不要であれば、

無料メールマガジンの配信は解除できますので、ご安心ください。

 

 

私からメールを送ること以外の用途で

メールアドレスを使うことはありません。

 

 

また、メールマガジンの読者限定で企画もご用意しています。

ご興味がありましたら、ぜひ届くメールに
目を光らせて読んでみてくださいね。

 

 

 

 

※紫色のボタンを押して、必要事項をご入力ください。自動返信メールで今回の無料電子書籍をお送りします。

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

※特典の無料メール講座が不要な場合は、いつでもメール内のURLから解除することができます。

 

 

ここまで読んでくださっている

あなたは間違いなく本気です。

 

 

電子書籍とメールマガジンは”無料”で受け取れます。

なぜ無料なのかというと、私自身、

チューバを始めた当初、何もできなくて

辛い思いを経験した過去があるからです。

 

 

おこがましい話ながら、今回の内容が

吹奏楽やチューバを楽しむきっかけ、

上達のきっかけになったらいいなと思っております。

 

 

◆ 上手くなって、憧れのあの人のように音色、音量、音の響きを習得し、思いっきり、音楽を楽しみたいです。

 

 

◆ コンクールや演奏会の時に仲間と良い演奏ができたなと自信を持ち、感動と達成感を分かち合いたいです。

 

 

◆ どんな人からも尊敬されるような奏者に一生をかけて成長し、カッコ良く演奏ができるようになりたいです。

 

 

◆ 今はまだ初心者であったり、実力に悩んだりしているけれど、頑張って上達したいです。

 

 

◆ いつも注意をされて、毎回悔しい思いをしているので、あの人より上達して絶対に見返したいです。

 

 

◆ いつも応援してくれている両親に自分の思いと素敵な演奏を届けて、今しかできない親孝行がしたいです。

 

 

◆「すごい!」と言われるレベルになって、先生や先輩、後輩からも頼られるような存在になりたいです。

 

 

◆ 自分1人で効率の良い練習ができるようになって、無理だと思っていた自分の高い目標を達成したいです。

 

 

こんな強い思いを持っているあなたに

ぜひ受け取っていただきたいです。

 

 

私の電子書籍やメールマガジンに書いているのは

単なるテクニックや演奏の際の考え方ではなく、

 

 

初心者の方や練習で悩んでいる方がどのようにすれば、

演奏に必要な集中力を手に入れ、周りとの音のバランス、

音量、音色、音の響かせ方を意識して上達できるのか。

 

 

その方法論、本質を根本から学び、
あなたの実力をアップさせていくものです。

 

 

チューバ奏者の方から直接聞かないと

知れない方法を伝授していきます。

 

 

もちろん、難しい内容では、一切ありませんが、

あなたに受け取っていただくからには、必ずあなたにも

今より上手くなっていただきますので、

しっかり覚悟を持ったうえでお受け取りください。

 

 

 

 

※紫色のボタンを押して、必要事項をご入力ください。自動返信メールで今回の無料電子書籍をお送りします。

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

※特典の無料メール講座が不要な場合は、いつでもメール内のURLから解除することができます。

 

 

それでは、無料電子書籍と無料メールマガジンの中で

またお会いしましょう。

 

 

最後までお読みいただき、

誠にありがとうございました。

 

 

チューバ奏者サポーター@ユウより

 

 

特定商取引法の表記プライバシーポリシー

Copyright (C) 2019 tubaplayer.net All Rights Reserved.