チューバを練習するための、学校の勉強をするための『モチベーション』が上がりません…どうしたらいいですか? | 【チューバ練習効率up.net】効率の良い練習法をあなたのモノに

効率の良いチューバ練習法をあなたのモノに

【重要】効率・思考・音量・音色・音の響きをここから一気にレベルアップ!練習効率の限界を打ち破るチューバ練習法を無料公開中!詳細はこちらをクリック

チューバを練習するための、学校の勉強をするための『モチベーション』が上がりません…どうしたらいいですか?

 
  2017/12/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分の悩んだ経験・実践してきた練習法・考え方を通して、悩める学生のチューバ奏者を吹奏楽とチューバが楽しめるようにサポートする『チューバ奏者サポーター』|「効率」「思考」「音量」「音色」「音の響き」を鍛えるノウハウを現在提供中。 ※プロの方や全国大会出身者ではなく、初心者の方と本気で練習に悩んでいる方専門でサポートをしている。
詳しいプロフィールはこちら

チベーション

あなたはいつも保てていますか?

 

悩んだり、「これをするの面倒だな」
と思う瞬間ってありますよね。

 

先日私の所にメールで
こんなご相談を頂きました。

 

モチベーションが
上がりません。

どうしたらいいですか?

 

このような質問は、たまに頂きます。

 

この質問って実は
答えが1つではないので、
お答えするのが少し難しいんです。

 

なぜかというと
モチベーションの上げ方は
人それぞれだからです。

 

しかし、どんなやり方をするにも
知っておいて欲しい、
ある原則があることを

 

今日はあなたに
お伝えしていこうと思います。

 

この原則を守らないと
どんなやり方をしても
モチベーションは上がりません。

 

反対に原則さえ守れば
あなたは必ず、モチベーションを
上げ続けていくことが出来ます。

 

あなたのモチベーションを
自分の力で上げ続けて

 

練習の効率も演奏の質も
上げていくために

 

是非今日の内容を
しっかり読んでみてください!

 

まず最初に
お伝えしないといけないことは

 

モチベーションを勘違いしない

 

ということです。

 

モチベーションを勘違いしてしまうと
一向にあなたのやる気も何もかも
上がっていきません。

 

モチベーションが上がらないから
自分は上手く吹けないんだ。
勉強が上手く出来ないんだ。

 

そんな風に自己嫌悪に陥って
自信が無くなって、音楽にも勉強にも
勇気が持てなくなって

 

全てが中途半端になっていく
最悪の悪循環です。

 

そうならないためにも
モチベーションを勘違いしないことが
とても重要です。

 

では、人はモチベーションに対して
どんな勘違いをしているのでしょうか。

 

それは、
モチベーションは外からもたらされる
という考え方です。

 

大事なことなので
はじめに申し上げておくと

 

モチベーションは外部環境から
何の影響も受けません。

 

本当はあなたの内側でだけ作用して
モチベーションは上下するんです。

 

しかし、
「モチベーションが上がりません…」
と悩んでしまう方は、

 

よく、その原因は
外側にあると考えています。

 

自分の周りがこんなだから、
いつもあの人が注意するから
あんな授業だから・・・

 

昔は私もそんな風に考えていました。
でも、実は違うんです。

 

モチベーションは、
環境には影響されません。

 

例えば、
赤ちゃんを考えてみてください。

 

d91721eec938f4ad8acac775da4e7ce0_s

 

「赤ちゃん」は実は
モチベーションの塊です。

 

赤ちゃんはどんな環境に置かれていても
間違いなくハイハイをしようとしますよね。

 

例え、お母さんがいなくても
赤ちゃんは必ずハイハイをします。

 

そして、歩き始めます。

 

さらに、言葉を喋り始めます。

 

今、もしあなたが赤ちゃんと
同じ状況に置かれたとして、
想像してみてください。

 

周りには誰一人として
自分の言いたいことが伝わらない。

 

だから、
行きたい場所にも全然に行けない。

 

そして、自分はお腹がすいたのに
お母さんは「おむつ?」と聞いてくる。

 

そんな時、あなたは、

 

「ちょっと待って!」

 

私は、
あの椅子のところに行きたいんだけど。
そこで、ご飯が食べたいんだよ。



しょうがない…自分で行くか!

 

こう考えて、ハイハイをしますよね。

 

あなたがもし、赤ちゃんだったとしたら、
物でつられなくても、
お母さんが褒めてくれなくても、
ハイハイをしようとしますよね。

 

これが本当の「モチベーション」です。

 

自分がしたいから、するんです。

 

つまり、人は本来、自分の中に
「やりたい!」という思いがある時に
思い切って行動をするんです。

 

この部分を勘違いしたままだと、
いつまで経ってもモチベーションは
微塵も上がっていきません。

 

周りばかり考えていると
自分は「ダメ」だと責め続けて
どんどんと「自分=ダメ人間」なのかな
と感じ続けることになってしまいます。

 

では、どうしたら
モチベーションを上げられるのか。

 

そのためには、まず、

 

外の環境にモチベーションを
左右されるのを出来る限り
今すぐやめることです。

 

周りが何だろうと
自分がこうなりたいから
頑張ってこれをやるんだ。

 

物事をする時にはそういう思いで
取り組んで欲しいと思います。

 

内側から強い意志を持つことで
外部の環境にも負けない行動ができ、
あなたは成長し続けることが出来ます。

 

周りがどんだけ遊んでいようと勉強をして
周りがどんだけ言ってきても頑張れる。

 

あなたは音楽の実力も勉強の実力も上げて
いつも思い描いていた理想の自分へと
近づいていくことが出来るんです。

 

あなたがモチベーションを上げ、
実力を伸ばし続けていくための答えは、
あなたの中にしかありません。

 

あなたが「やりたい」と
思える理由を自分の中から
是非探し続けてください。

 

それがモチベーションを上げる秘訣であり、
あなたが成長するための原動力となります。

 

それでは最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

チューバ奏者サポーター@ユウより

 

この記事を書いている人 - WRITER -
自分の悩んだ経験・実践してきた練習法・考え方を通して、悩める学生のチューバ奏者を吹奏楽とチューバが楽しめるようにサポートする『チューバ奏者サポーター』|「効率」「思考」「音量」「音色」「音の響き」を鍛えるノウハウを現在提供中。 ※プロの方や全国大会出身者ではなく、初心者の方と本気で練習に悩んでいる方専門でサポートをしている。
詳しいプロフィールはこちら

【無料電子書籍+無料メールマガジン】
初心者の方と練習で悩んでいる方限定
※プロの方や全国大会に出たことがある方は
対象外です。

 

練習効率の限界を打ち破る
無料チューバ練習教材『Melodia Felice』

 

全ページ150ページで、
練習効率の限界を打ち破るチューバ練習法
まとめたスマホとPCで読める無料電子書籍と

 

無料メールマガジンで、ここでは言えない
上達に必須の思考をお伝えしています。

 

SPONSORED LINK







SPONSORED LINK







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です