効率の良いチューバ練習法をあなたのモノに

【重要】効率・思考・音量・音色・音の響きをここから一気にレベルアップ!練習効率の限界を打ち破るチューバ練習法を無料公開中!詳細はこちらをクリック

チューバの音は基礎から変わる!

 
  2018/01/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分の悩んだ経験・実践してきた練習法・考え方を通して、悩める学生のチューバ奏者を吹奏楽とチューバが楽しめるようにサポートする『チューバ奏者サポーター』|「効率」「思考」「音量」「音色」「音の響き」を鍛えるノウハウを現在提供中。 ※プロの方や全国大会出身者ではなく、初心者の方と本気で練習に悩んでいる方専門でサポートをしている。
詳しいプロフィールはこちら

んにちは!
チューバ奏者サポーターのユウです!

 

あなたは正しい方法で
を出していますか?

 

変に力が入って
音が上手く鳴らない

 

と悩んでいる人も
多いのではないでしょうか。

 

今日の記事を読んで、
実践していただくと

 

力を入れなくても安定した状態で、
良い音色、良いスピード感の音を
出せるようになります。

 

そして、プロの演奏者のように
余裕を持ちながら、
演奏できるようになります。

 

今日の内容を知らないと、

 

あなたは2つの問題に
悩まされることになります。

 

1つ目の問題は、
音が遅れがちになることです。

 

チューバは、管が大きく、
楽器全体に息が行き渡るのに
時間がかかる楽器です。

 

また、マーチでは、
パーカッションと共にテンポを刻む
重要な役目を担っています。

 

音が遅れるということは
曲全体も遅くなるので、

 

バンド全体に迷惑がかかり
致命傷になります。

 

2つ目の問題は、
小さく、細い音しか
出せなくなることです。

 

チューバは、バンドを支える
縁の下の力持ちとも言える存在です。

 

チューバが土台や基準となり、
周りの楽器を包み込むように
演奏しないと

 

曲は成り立ちません。

 

つまり、音が小さく、細いと
周りに音がかき消され、

 

何も聞こえない
ということになります。

 

すると、バンド全体の演奏が
不安定になり、

 

曲が止まってしまうことも
十分にありえます。

 

そうならないために
今日の記事を読んで、
実践していきましょう。

 

さて、今日は
正しい音の出し方
についてお話しします。

 

下の画像には
B♭管の指使いが載せてあります。

 

o0800045013467907741

 

この譜面では上に行くほど
低い音になっています!

 

最初から高音や低音は出ないので、
ロングトーンという練習を
おすすめします。

 

練習の手順

 

①メトロノームで、
 テンポを=60に設定します。

 

②4拍吹いて、2拍休み、
2拍で吸って
次の音を吹く。

 

下のB♭(シ♭)から
1オクターブ上のB♭まで
吹くのがお勧めです。

 

低音は、喉を開け、温かい息を入れる
高音は、息のスピードを上げて吹く
というイメージで吹きます。

 

ロングトーンは、
一般の方だけでなく、
プロの方もやっている基礎練習です。

 

これからもっと
上手くなるためのコツは
全部で3つです。

 

1.音の吹き始めから終わりまで
音色が変わらないようする

 

2.自分の思ったタイミングで
音が出るようにする

 

3.出来るだけリラックスして吹く

 

これを実践していくと
段々と良い音が出てくるようになり、

 

演奏でしっかりとした、安定感のある
正しい吹き方が出来るようになります。

 

今すぐ、
楽器の指使いを確認しましょう!

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

チューバ奏者サポーター@ユウより

この記事を書いている人 - WRITER -
自分の悩んだ経験・実践してきた練習法・考え方を通して、悩める学生のチューバ奏者を吹奏楽とチューバが楽しめるようにサポートする『チューバ奏者サポーター』|「効率」「思考」「音量」「音色」「音の響き」を鍛えるノウハウを現在提供中。 ※プロの方や全国大会出身者ではなく、初心者の方と本気で練習に悩んでいる方専門でサポートをしている。
詳しいプロフィールはこちら

【無料電子書籍+無料メールマガジン】
初心者の方と練習で悩んでいる方限定
※プロの方や全国大会に出たことがある方は
対象外です。

 

練習効率の限界を打ち破る
無料チューバ練習教材『Melodia Felice』

 

全ページ150ページで、
練習効率の限界を打ち破るチューバ練習法
まとめたスマホとPCで読める無料電子書籍と

 

無料メールマガジンで、ここでは言えない
上達に必須の思考をお伝えしています。

 

SPONSORED LINK







SPONSORED LINK







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です