効率の良いチューバ練習法をあなたのモノに

【重要】効率・思考・音量・音色・音の響きをここから一気にレベルアップ!練習効率の限界を打ち破るチューバ練習法を無料公開中!詳細はこちらをクリック

【学生のチューバ奏者】が意識するべき演奏において重要なこと

 
  2017/12/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分の悩んだ経験・実践してきた練習法・考え方を通して、悩める学生のチューバ奏者を吹奏楽とチューバが楽しめるようにサポートする『チューバ奏者サポーター』|「効率」「思考」「音量」「音色」「音の響き」を鍛えるノウハウを現在提供中。 ※プロの方や全国大会出身者ではなく、初心者の方と本気で練習に悩んでいる方専門でサポートをしている。
詳しいプロフィールはこちら

んにちは!
チューバ奏者サポーターのユウです!

 

あなたは
テンポ通りに音を出し、
曲を進めることが出来ていますか?

 

「遅れているぞ」
「遅く聴こえる」
「テンポを後ろに引っ張っている」

 

と言われることがありませんか?

 

この記事を読んで
実践していただくと、

 

テンポに乗り遅れず、
曲に推進力を
持たせられるようになります。

 

すると、
自分たちが演奏する曲は
以前よりも聴きやすくなり、

 

お客さんにも
聴いてもらえるようになります。

 

また、
チューバが上手くテンポを刻むだけで

 

フルートやクラリネットのように
メロディーを担当する人たちも
落ち着いて吹けるようになるので

 

バンド全体の演奏が安定し、
聴きごたえのある、
かっこいい演奏になります。

 

この記事の内容を知らないと、、、、

 

テンポが一定の曲でも、
速くなったり、遅くなったりと
一向に曲が安定しません。

 

聴いている人は

 

「この曲聴きづらいなあ」
「曲が崩れて、途中で止まりそうだな」と

 

不安や不満を抱えてしまいます。

 

また、演奏をしている側が

 

「このメロディーは、こう表現して
綺麗に吹いて聴かせたい」

 

と思っていても、

 

テンポのせいで
その部分がグチャグチャになり、
気持ちの悪い演奏になります。

 

つまり、
チューバがテンポを
上手く刻まないと

 

周りにもお客さんにも
迷惑がかかります。

 

最悪の場合

 

曲は崩壊して、止まり、
お客さんは帰り、

 

あなたは
周りに迷惑をかけて
ずっと責め続けられます

 

それほど、チューバは
テンポを刻み、バンドを下から支える
重要な役割を担っているということです。

 

最悪の事態にならないために
今日の記事を読んで、
実践していきましょう!

 

さて、今日は、

 

テンポを一定に保ち、
テンポに遅れないための練習法

 

についてお話しします。

 

チューバは管が太く、長いので、
楽器全体に息が回るのが
他の楽器よりも遅くなります。

 

また、直管(トランペットなど)とは違い
ベルが上にあり、

 

反響板や壁に反響させて
音を鳴らしています。

 

すると、直管のように
直に出る音を聴かせる楽器と
反響させ音を聴かせるチューバでは

 

音が前に届くのに、時差が生まれます。

 

これが他の楽器よりも遅れて聴こえる
理由です。

 

なので、チューバを演奏するときは
自分が思ったテンポよりも少し早めに
吹くことが大切です。

 

これだけで遅れなくなります。

 

続いて、
テンポを安定させる練習法です。

 

それは
メトロノームのテンポと自分の音を
きっちり合わせることです。

 

ただきっちり合わせるだけでは
いけません。

 

練習でメトロノームは使えても
本番では使えません。

 

なので、その曲のテンポを
自分が覚えるまで練習することが
とても重要です。

 

そのテンポを覚え、
曲を進められるようになれば

 

自然とテンポにも
ついていけるようになり、
周りとも息が合うようになります。

 

今日の記事の内容をまとめると

 

テンポをつかむには
2つのことが重要です。

 

①自分の思うテンポよりも
少し早めを意識する。

 

②テンポを覚えるまで
メトロノームで練習する。

 

この二つのことを実践するだけで
あなたの演奏には安定感が生まれ、

 

周りも安心して
吹くことが出来るようになります。

 

そして、結果的に、

 

あなたのバンドの演奏は
聴きごたえのある演奏へ
飛躍的に変化します。

 

今すぐ、
練習している曲のテンポを確認して、
メトロノームを鳴らしてみましょう!

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

チューバ奏者サポーター@ユウより

 

この記事を書いている人 - WRITER -
自分の悩んだ経験・実践してきた練習法・考え方を通して、悩める学生のチューバ奏者を吹奏楽とチューバが楽しめるようにサポートする『チューバ奏者サポーター』|「効率」「思考」「音量」「音色」「音の響き」を鍛えるノウハウを現在提供中。 ※プロの方や全国大会出身者ではなく、初心者の方と本気で練習に悩んでいる方専門でサポートをしている。
詳しいプロフィールはこちら

【無料電子書籍+無料メールマガジン】
初心者の方と練習で悩んでいる方限定
※プロの方や全国大会に出たことがある方は
対象外です。

 

練習効率の限界を打ち破る
無料チューバ練習教材『Melodia Felice』

 

全ページ150ページで、
練習効率の限界を打ち破るチューバ練習法
まとめたスマホとPCで読める無料電子書籍と

 

無料メールマガジンで、ここでは言えない
上達に必須の思考をお伝えしています。

 

SPONSORED LINK







SPONSORED LINK







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です